レゴランド・ジャパンでオリジナルミニフィグを作ろう!ビルド・ア・ミニフィグ体験レポート

みなさま、はじめまして、ULIQLO(ULIQRO)です。

今日は名古屋のレゴランド・ジャパンに来ています♪

わたしはレゴブロックで遊び始めて数か月、レゴランドは年間パスを購入しましたが、まだ3回くらいしか訪問したことがありません。

もっと詳しいレゴランダーさんが多数いる中、わたしがレゴランドの記事を書いていいの?と思いましたが、初心者目線で分かりやすく紹介できれば幸いです。

※今回の取材はレゴランド・ジャパン様のご協力の下、撮影・掲載許可をいただいています。

レゴランド・ジャパンってどんな場所?

レゴランドはレゴブロックの屋外型テーマパークで、名古屋にあるレゴランド・ジャパンは世界で8番目にできました。現在は93,000㎡の敷地で運営されています(今後、拡張の予定あり)。

レゴランド・ジャパン
  •  公式ウェブサイト
  • 住所:〒455-8605愛知県名古屋市港区金城ふ頭二丁目2−1
  • アクセス:あおなみ線「金城ふ頭」駅より徒歩5分
  • 電話:0570-05-8605(9:00-17:00)
  • 営業時間:10:00~16:00(土日祝・イベント期間は17:00まで)
  • 営業時間詳細は公式ウェブサイトの  営業時間カレンダー にてご確認ください。
  • 開業:2017年4月17日

ミニフィギュア・マーケットへ

さて、本日のリポート場所は、ブリック・トピア・エリアの「ミニフィギュア・マーケット」。

レゴランドの入場ゲートより直進し、「レゴファクトリー・ツアー」の前を右に曲がると、すぐ左手にある1階建ての黄色い建物です。

レゴランド・ジャパンでオリジナルミニフィグを作ろう!ビルド・ア・ミニフィグ体験レポート

こちらはミニフィギュアの専門店。ビルド・ア・ミニフィギュア(Build-A-Minifigure、以下BAMと表記します)が体験できます。好みのパーツを選んでミニフィグを組み立てて購入できるショップです。

土日等の混雑時に、レゴ・シティ・エリアの「スタジオ・ストア」が営業していれば、そちらでもBAMを行っていることがあります。「ミニフィギュア・マーケット」は常時営業しています。

BAMは、レゴランド・ディスカバリー・センター、レゴストア、クリックブリックでも行えますが、運営形態や料金がレゴランド・ジャパンとは異なる点もあるようです。

はじめに:受付

店舗の正面左側が入口です。

入口の手前で、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、アルコール消毒をします。

レゴランド・ジャパンでオリジナルミニフィグを作ろう!ビルド・ア・ミニフィグ体験レポート

レゴランド・ジャパンでオリジナルミニフィグを作ろう!ビルド・ア・ミニフィグ体験レポート

入口には、本日のパーツで組み立てられるミニフィギュアのサンプルが展示されていますので、どんなパーツがあるのか確認しておきます。

レゴランド・ジャパンでオリジナルミニフィグを作ろう!ビルド・ア・ミニフィグ体験レポート

ミニフィギュア・マーケット店内へ

入ってすぐ正面に特大フィギュアの飾られたブースがあります。

レゴランド・ジャパンでオリジナルミニフィグを作ろう!ビルド・ア・ミニフィグ体験レポート

パーツを選ぶ場所は、特大フィギュアの下のテーブルに3ヶ所店内の壁際にぐるりと12ヶ所設置されていますので、他のお客様との距離を保ちながら選ぶことができます。感染症対策はバッチリですね。

レゴランド・ジャパンでオリジナルミニフィグを作ろう!ビルド・ア・ミニフィグ体験レポート

レゴランド・ジャパンでオリジナルミニフィグを作ろう!ビルド・ア・ミニフィグ体験レポート

パーツの選び方

まずは、ケースを取ります。

わたしが訪問したのはクリスマス前でしたので、ケースの台紙を、通常バージョンと限定バージョンの2種類から選ぶことができました。

レゴランド・ジャパンでオリジナルミニフィグを作ろう!ビルド・ア・ミニフィグ体験レポート

ケースに好きなパーツを入れていきます。

レゴランド・ジャパンのBAMはミニフィギュア3体セットでの販売です。1体ずつ購入することはできません。

パーツは5つのタイプがあります。

  1.  かお:Head
  2.  からだ:Torso:トップス。Tシャツやブラウス、ニットなど
  3.  あし:Leg:ボトムス。パンツ、スカート
  4.  ヘア:Hair:髪の毛、帽子など
  5.  アクセサリー:武器やスポーツグッズ、動物、小物など

レゴランド・ディスカバリー・センターやレゴストアで行っているBAMでは、1~5のパーツから1つずつ選ぶ仕組みですが、レゴランド・ジャパンでは、4または5から2つと言う記載になっています。

つまり、1~3とヘア2つ、1~3とアクセサリー2つという選び方もできちゃいます。

レゴランド・ジャパンでオリジナルミニフィグを作ろう!ビルド・ア・ミニフィグ体験レポート

BAMに時間制限はありません。

次に待っているお客様がいない場合は、ゆっくり選べます。優柔不断なわたしはいつも長居してしまいます。。。

レゴレナさんよりおススメ情報

せっかくなので、レゴレナさんにインタビューしてみました。

※レゴレナさん:レゴランドのスタッフさんのこと。

Q「BAMを体験されるのはどんな方ですか?」
A「家族連れが多いです。コレクターの方もお見かけします」

Q「人気のあるパーツは何ですか?」
A「季節限定商品が人気です。今は、クリスマスなのでサンタパーツやプレゼントのタイル。サンタの袋も白と茶色があります。夏はフラミンゴの浮き輪やアイス。ハロウィンはカボチャヘッド、蜘蛛の巣、ガイコツが人気でした」

Q「ヘッドパーツで人気のあるものはありますか?」
A「女性のヘッドの種類が少ないので、女のお子さんは女の子ヘッドを一生懸命探しています」

Q「ミニフィギュア・マーケットでは、BAM以外にもキャラクターグッズもたくさん取り扱っていますね。キーチェーンでは何が人気ですか?」
A「シャークガイが一番人気です。お土産で買う方はレゴランドトルソーを選ばれます」

お会計

料金は3体で1,500円です。

年間パスポートの誕生月割引も併用可能です。(※料金及び割引条件は2020年末現在)

レゴランド・ジャパンでオリジナルミニフィグを作ろう!ビルド・ア・ミニフィグ体験レポート

使用できる支払方法はこちら。

レゴランド・ジャパンでオリジナルミニフィグを作ろう!ビルド・ア・ミニフィグ体験レポート

本日の成果報告~!

レゴランド・ジャパンでオリジナルミニフィグを作ろう!ビルド・ア・ミニフィグ体験レポート

わたしは今回は女性3人を組み立てました。

  • 右:スカートとセットのトルソーが見つからず、やむなくニットにしました。パイを焼いているお母さんのイメージですが、なぜかコック帽を被っています。
  • 中央:白い袋とダックスフントを手に入れるために、スキンヘッドになってもらいました。
  • 左:クリスマス時季のエルフです。珍しいライム色のヘッドで小悪魔風にしました。

皆さんもぜひレゴランド・ジャパンで自分だけのミニフィグ作りに挑戦してみてください!

以上、BAMリポートでした♬