不要なレゴ(R)ブロック引き取りサービス「LEGO(R)Replay」イギリスで試験運用開始

  • 公開日:
  •  
  • スタッズではアフィリエイト広告を利用しています

レゴ(R)グループがイギリスでレゴ(R)ブロック引き取りサービス「LEGO(R)Replay」の試験運用をスタート。公式発表(英語)

不要になったレゴ(R)ブロックをユーザーから引き取り、おもちゃの収納ボックスなどの新しいアイテムに作り替えレゴ(R)ブロック詰めて、慈善パートナー「in Kind Direct」を通じて地元の学校や慈善団体に寄付をする。

実際の手順

バラしたレゴ(R)ブロックを箱に入れて送料無料の送り状を印刷して発送。

レゴ(R)新商品情報

発送はDPDドロップショップから行うとのことだが、DPDドロップショップというのは運送料金比較サービスのPercel2Goが運営している簡易集荷ポイントのような場所だと思われる。もし日本でもLEGO(R)Replayが実施されるとしたらコンビニから発送することができれば便利だろう。

レゴ(R)リプレイで受取可能なのはバラしたレゴ(R)ブロックのみ。ただしミニフィギュアとミニドールフィギュアは完成品でOK。

受け取りできないのはバッテリーや電動パーツ、ばらしていないレゴ(R)ブロック、組み立て説明書、箱、服や収納ボックスなどのグッズ、他社のブロック玩具など。

申し込みページには、受け取り不可の物が荷物に含まれていないことを確認するチェック項目もある。

【LEGO】

公式発表

(Google翻訳)デンマーク、ビルン、2024年1月18日: LEGO® Replayというブリックの回収サービスをイギリスでパイロット導入し、ファンの皆さんに参加してもらい、遊びを通じて学びをもっと多くの子供たちに提供し、LEGOブリックが廃棄物になるのを防ぐ方法をテストしています。

嬉しいニュースは、イギリスのほとんどの人々が不要になったLEGOブリックに対する計画を既に持っていることです。不要なLEGOブリックを手放すことを決めた家族の94%は、それらを友達、家族、慈善団体、または地元の学校に渡したり、売却して*、LEGOブリックが何度も遊ばれることを助けています。

自分の使わなくなったLEGOブリックにどうしたら良いか分からない人のために、LEGO Replayは子供たちに遊びと創造性をもたらす手段を提供しています。

新しいパイロットプログラムでは、イギリスの家族やファンから寄付されたブリックの新しい使い道をテストします。この試験段階では、返された使用済みのブリックは学校での学びを支援する新しいアイテムにリサイクルされます。例えば、おもちゃの収納ボックスなどです。

In Kind Directなどの慈善団体と協力して、新しいボックスにLEGOブリックを詰め込み、それらがイギリス中の学校やコミュニティセンターに配布され、遊びと創造性を促進するのに役立ちます。

当社の環境持続可能性担当副社長、ティム・ブルックスは、「イギリスの多くのファンが既にLEGO遊びの喜びを他の人に伝えてくれてうれしいです。私たちのブリックは世代から世代へ受け継がれ、何年もの間遊びと創造性を駆り立てるために十分に耐久性があり安全に設計されています。

「LEGO Replayをイギリスで試験導入することは、より循環的に進むための重要な一歩です。私たちはすべてのLEGOブリックを再利用、再利用、またはリサイクルして、長く遊ばれるようにしたいと考えています。LEGO Replayがさらに多くの人々に簡単にLEGOブリックを寄付できる手段となり、国中の子供たちの遊びをサポートできることを願っています。」

このプログラムに参加し、スキームを試すのは非常に簡単です。

単に使われていないブリックをどんな箱にでも詰め込み、LEGO.com/Replay-UKからフリーポストのラベルを印刷し、イギリス全土のDPDドロップショップから発送してください。北アイルランドのファン向けにも近くフリーポストサービスが利用可能になります。

男性、女性、少年がLEGO Replayプログラムの一環として発送するために箱にLEGOブロックを詰め込んでいます。私たちはファンからのライブフィードバックを受け取ることを楽しみにしており、彼らが寄付する方法や、製品を再利用して子供たちに遊びと学びの機会を提供する新しい方法をテストしています。

より持続可能な未来の構築 LEGO Replayは2019年に米国で始まり、2021年にカナダに拡大しました。これまでに北米の家族から230百万個以上のLEGOブロックが寄付され、30万人以上の必要な子供たちに遊びを提供し、LEGOブロックの廃棄を防いでいます。

イギリスのLEGO Replay試験は、循環戦略の一環であり、さまざまなテストおよび学習プログラムが含まれており、循環能力とコンセプトを向上させることを目指しています。私たちは最近、持続可能性に対する支出を4年間で14億ドルに3倍に増やすことを約束しました。これには以下が含まれます:

持続可能で循環的な素材革新 – 2032年までに製品とパッケージをより持続可能で循環可能な素材から作ることを目指しています。これにはパッケージからのすべての使い捨てプラスチックの削減も含まれます。新しい紙製の袋の展開は昨年ヨーロッパとアジアで始まりました。

ゼロインパクトオペレーションへの移行 – 2032年までに私たちの絶対的な炭素排出量を37%削減することを目指しています。これは私たちの承認済みの科学的な目標の一環であり、2050年にネットゼロになることを目指しています。

明日の建設者を感動させ育てる – プレイを通じて重要な生涯のスキルを持つ機会を、世界中のますます多くの子供たちに提供し続けます。

【おすすめセット】レゴ(R)LEGO(R) ニンジャゴー 黄金の剣 854259

手に取ればニンジャヒーロー気分 購入特典2つ同時入手可(在庫限り)

彫刻をほどこした木製風の柄と、みんなの注目を集めるグラフィック付きの刃は、すべて再生プラスチック材使用です。

 今すぐチェック
スポンサーリンク

(原文)Billund, Denmark, 18 January 2024: We are piloting our brick take-back service LEGO® Replay in the UK and inviting fans to join us as we test how to bring playful learning to more children, and stop LEGO bricks becoming waste.

The good news is that most people in the UK already have a plan for any LEGO bricks they no longer need: 94% of families who’ve decided to pass them on do so to friends, family, charities or local schools, or they sell them* – helping to ensure LEGO bricks are played with again and again.

For anyone that doesn’t know what to do with their unused LEGO bricks, LEGO Replay provides an easy option for ensuring those bricks continue to inspire play and creativity for children.

The new pilot programme will test new uses for the bricks donated by families and fans in the UK. During this exploratory phase, the returned used bricks will be recycled into new items that support learning in schools, such as storage boxes for toys.

Working with charity partners such as In Kind Direct we will fill every new box with LEGO bricks before they are distributed to schools and community centres around the UK to help inspire play and creativity.

Our VP of Environmental Sustainability, Tim Brooks, said; “We’re really proud that so many of our fans in the UK already pass the joy of LEGO play to others. Our bricks are designed to be durable and safe enough to be handed down from generation to generation to inspire endless play and creativity for many years.

“Piloting LEGO Replay in the UK is an important step on our journey to becoming more circular. We want to rehome, repurpose or recycle every LEGO brick to keep them in play for longer. We hope LEGO Replay will help even more people donate their LEGO bricks with ease, and feel proud they are supporting playful learning for children across the country.”

It’s really simple to get involved and help us trial the scheme.

Simply pack up any unused bricks in any box, print out a freepost label from LEGO.com/Replay-UK and ship them from any DPD Drop Shop across England, Scotland and Wales. A freepost service for our fans in Northern Ireland will be available soon.

A man, woman, and a boy packing a box of LEGO bricks as part to ship as part of the LEGO Replay program
We’re looking forward to receiving live feedback from our fans about how they like to donate, and testing new ways to provide play and learning opportunities for children by repurposing our products.

Building a More Sustainable Future
LEGO Replay launched in the U.S. in 2019 and expanded to Canada in 2021. So far, over 230 million LEGO bricks have been donated by North American families, giving 300,000 children-in-need playful learning opportunities and preventing LEGO bricks from going to waste.

The UK LEGO Replay trial is one part of our broader circular strategy – including a number of test and learn programmes – with the ambition to advance circular capabilities and concepts. We’ve recently committed to triple spending on sustainability over four years to $1.4 billion. Initiatives include:

Sustainable and circular material innovation – we’re aiming to make our products and packaging from more sustainable and circular materials by 2032. This includes removing all single-use plastic from our packaging. The rollout of new paper-based bags started in Europe and Asia last year.
Transition to zero impact operations – reducing our absolute carbon emissions by 37% by 2032 as part of our approved Science Based Target, with the long-term goal of becoming net zero by 2050.
Inspiring and developing the builders of tomorrow – continuing to provide more children globally with opportunities to develop critical life-long skills through play.

【おすすめセット】レゴ(R)LEGO(R) シティ 旅客機 60367

旅客機と地上業務用車両が勢ぞろいのデラックスセット 購入特典2つ同時入手可(在庫限り)

子供たちはケータリングトラックを操作して物資に搭乗し、航空機の屋根を取り外して、詳細なコックピット、座席、通路、トイレ、ケータリングエリアにアクセスできます

 今すぐチェック
スポンサーリンク

スタッズをフォローしょう!

スタッズではXやYouTubeでもレゴ(R)ブロックに関する最新情報をオールジャンルで配信しています。フォローよろしくお願いします!

  
スポンサーリンク
Hulu | Disney+ セットプラン