レゴアイデアで『西部開拓時代の保安官事務所』が製品化レビュー進出:2021年第3回1万サポート獲得デザイン紹介

西部開拓時代の保安官事務所

1万サポート獲得で2021年第3回LEGOアイデア製品化検討レビューに進出確定。SHERIFF’S OFFICE – WILD WEST:LEGO IDEAS公式(英語)

西部開拓時代の保安官事務所。凹凸のある板張りの壁が当時の建物風で素晴らしい。

レゴアイデアで『西部開拓時代の保安官事務所』が製品化レビュー進出:2021年第3回1万サポート獲得デザイン紹介

建物周辺の土の色や植物が映画に出てくる西部の町らしい。

レゴアイデアで『西部開拓時代の保安官事務所』が製品化レビュー進出:2021年第3回1万サポート獲得デザイン紹介

各階は簡単に取り外し可能。内装も作りこまれている。

レゴアイデアで『西部開拓時代の保安官事務所』が製品化レビュー進出:2021年第3回1万サポート獲得デザイン紹介

レゴアイデアで『西部開拓時代の保安官事務所』が製品化レビュー進出:2021年第3回1万サポート獲得デザイン紹介

保安官てどんな職業?

保安官は多分日本にはない役職でどのような業務を担っているのか正直調べてもよくわからない。

現代では保安官にはいくつか種類があるが映画によく出てくる郡保安官は選挙で選ばれるらしいので、警察責任者と役人を兼任したような役職だと思われる(違うかも)

西部開拓時代の保安官は映画を見る限り、おそらく町の警備責任者で悪人と戦ったり癒着してかなり町の治安を維持していたのだろう。映画の中では私腹を肥やしていた悪徳保安官も多い。

ミニフィギュアはブロンソン風含む5体が付属。

レゴアイデアで『西部開拓時代の保安官事務所』が製品化レビュー進出:2021年第3回1万サポート獲得デザイン紹介

製品化可能性は?

デザイナーのllucky氏は小型のかわいい建物デザインを多数公開中。

西部開拓時代はネイティブアメリカンに対する侵略戦争という側面もあるので、今の時代に玩具のテーマとして取り扱うにはややセンシティブな題材だと思う。

例えばかつては名作と言われた風と共に去りぬも人種差別を肯定するような内容の映画なので、もし今レゴアイデアコンペで同作をテーマにした作品が1万サポートを獲得しても製品化されることはまずないだろう。西部開拓時代がテーマの作品にはこれと似たような負の要素が自然と盛り込まれてしまう。

レゴでは20年以上前にネイティブアメリカンや騎兵隊、砦などを含む西部開拓時代シリーズが発売されたがそれ以降は版権物以外は発売されていない。版権物でも2013年のローン・レンジャーが最後。

本作がレビューに通過するのは難しいのではないかと思う。

【映画】ウエスタン (字幕版)

【映画】ウエスタン (字幕版)

ブロンソンの名作西部劇

セルジオ・レオーネが遺した不朽の名作「ウェスタン」がはじめてノーカット版で登場。モニュメント・バレーの景色と同じように壮大な映像、優れたキャラクター、そしてタフで皆が想像する西部劇がここにある。

 今すぐチェック

2021年第3回レビュー進出作品まとめページ

当ページで紹介したデザイン案以外も含めたレビュー進出デザインをまとめてチェック!

2021年第3回レビュー進出作品まとめ

36作品がエントリー36作品がエントリーした2021年第3回レゴアイデア製品化レビューのエントリーが2022年1月10日に締め切られた。レビューに合格するとレゴから新製品として発売が決定。個人的には派手さにかけるが日本で人気[…]

過去の製品化検討レビュー進出作品

💡LEGOアイデアとは?

LEGOアイデアとはファンデザインを製品化する企画である!

公開したデザインが他のユーザーから1万票の推薦を獲得するとレゴ社による製品化検討レビューにかけられ審査に合格するとアイデアシリーズから発売となる。

詳しく知りたい人はこちら
レゴアイデアとは

💡レゴアイデアとはファンのデザインを製品化する企画である!レゴアイデア公式サイト(英語)で世界中のレゴファンから製品化したいオリジナルデザインを募集。他のユーザーからの支持票が1万を超えるとレゴアイデア製[…]

レゴアイデアとは?自分のデザインがレゴから発売され報酬がもらえるファン必見の企画!