魔法の素材見つからず – 再生PETのレゴ(R)ブロック断念 – クリスチャンセンCEOが明かす

  • 更新日:
  •  
  • スタッズではアフィリエイト広告を利用しています

レゴ(R)グループは石油由来のプラスチックの代わりに、ペットボトルなどの再生プラスチックからの本格的なブロック製造を目指すプロジェクトを中止。英紙「The Guardian」が報じる。

2030年までに置き換わる予定だった

レゴ(R)グループは「2030年までにレゴ(R)の全てのパーツをサステナブル(持続可能)な資源由来のプラスチックにする」という目標を2015年に発表。

参考記事
再生プラスチックで作ったレゴ(R)ブロック発表

ペットボトルからレゴ(R)ブロックが作られる?レゴ(R)が廃棄ペットボトルなどから新しい再生レゴ(R)ブロックを発表。社内の品質と安全要件をクリアした初めてのリサイクルブロック。©LEGO Groupレゴ(R)グ[…]

2021年6月には、廃棄ペットボトルから作られたリサイクルレゴ(R)ブロックの試作品を公開。

再生プラスチックからのレゴ(R)ブロック製造を断念 - レゴ(R)グループCEOが明かす

しかしThe Guardiansによると、レゴ(R)グループのクリスチャンセンCEOはフィナンシャルタイムズ(FT)とのインタビューでプロジェクトを断念すると明かした。

21347 London Telephone Box

なぜ中止になった?

現在のレゴ(R)ブロックパーツの原料のうち約80%を占めているABSの代わりに、再生プラスチックを通常製品の原料に置き換えようとするプロジェクトは、二酸化炭素排出量を削減する取り組みの一環として始まった。

しかし、レゴ(R)グループのサステナビリティを担当する環境部門の責任者ティム・ブルックス氏は「非石油ベースの素材は、耐久性を確保するためには追加の加工や成分、エネルギーが必要になり、結果的に二酸化炭素排出量の増加につながってしまう」と明かした。

クリスチャンセンCEOもFTとのインタビューで、とにかく多くの素材をテストしてきたが、持続可能性の問題を解決する『魔法の素材』を見つけることができなかったと答えた。

再生プラスチックからのレゴ(R)ブロック製造を断念 - レゴ(R)グループCEOが明かす

サステナビリティに関する今後の予定

現在、レゴ(R)ブロックでは植物パーツなどに非石油素材であるサトウキビ由来のバイオプラスチックが使用されているが、今後はABSパーツへのバイオ素材やリサイクル素材の組み込み、非石油素材の使用拡大を目指す方針。

実際にパーツが入っている袋の紙袋化やミニフィギュアのパッケージに紙箱を採用するなど、目に見える部分でもサステナブル素材の使用は進んでいる。

クリスチャンセンCEOは、2025年までにサステナビリティへの投資を3倍の30億ドル(約4450億円)に増やす予定だが、その分のコストを消費者に転嫁することはないと述べた。

【おすすめセット】レゴ(R)LEGO(R) ICONS(アイコンズ) ジャズクラブ 10312

エンタメ系建物セット! 購入特典3つ同時入手可

斜め45度の入り口など、これまでにない組み立てテクニックを採用しました。完成したビルの中には、ステージや楽屋をはじめ、ピザ屋まであり、手の込んだインテリアには目を見張るばかり。

 今すぐチェック
スポンサーリンク

スタッズをフォローしょう!

スタッズではX(旧ツイッター)やYouTubeでもレゴ(R)ブロックに関する最新情報をオールジャンルで配信しています。フォローよろしくお願いします。!

  

レゴ(R)新作・新商品情報まとめてチェック(随時更新)

レゴ新作・新商品情報まとめ

[random_rec][ads_rectangle]レゴ(R)セット新作・新商品情報とニュースまとめ最新のレゴ(R)ブロック新商品/新作情報、レゴ(R)グループと他社のコラボ商品などレゴ(R)ブロック新商品に関する最新ニュ[…]

レゴ(R)セット新作・新商品最新情報まとめ
Read this post in English@swooz.net
スポンサーリンク