『ジュラシック・ワールド』新作はギャレス・エドワーズが監督就任へ | ゴジラやローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー監督

  • 更新日:
  •  
  • スタッズではアフィリエイト広告を利用しています

Hollywood Reporterなどによると、ユニバーサル・ピクチャーズは2025年7月2日公開予定の『ジュラシック・ワールド』の監督就任を、アクションに定評のあるデヴィッド・リーチと交渉していたが決裂したため、今度はギャレス・エドワーズに白羽の矢を立てた。

ユニバーサル・ピクチャーズ及びスピルバーグ率いるアンブリン・パートナーズと、同作の監督就任を交渉していたデヴィッド・リーチは、プロジェクトが通常よりも急速に進んでおり、『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』での経験からプロデューサー陣が映画制作プロセスでより大きな決定権を持ちたがっているため、監督の創造性が制限されることを知り監督就任を辞退したとのこと。

スポンサーリンク

その後プロデューサー側は、すぐに仕事が受けられること、大手スタジオの作品で監督経験があること、創作者というよりも撮影者としての役割を受け入れられること、などの条件をクリアする人物を探した。

数少ない候補者の中から選ばれたのは『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や、2014年公開の『GODZILLA ゴジラ』を監督したギャレス・エドワーズ。

レゴ(R)新商品情報Gareth James Edwards img by Dick Thomas Johnson/Wikipedia

エドワーズは視覚効果アーティスト出身で限られた予算で高品質な特殊効果を作り出すことに秀でており、さらに『GODZILLA ゴジラ』や、低予算映画『モンスターズ/地球外生命体』とその続編の経験から怪物の世界にも精通している。『ジュラシック・ワールド』新作の監督に適任と言えるだろう。

スポンサーリンク

スタントマン出身のデヴィッド・リーチと、エドワーズはスタイルが異なる監督かもしれないが『ジュラシック・ワールド』新作はプロデューサー陣主導で作品が作られるようなので、当初の計画から作品の方向性に大きな影響はなさそうである。

『ジュラシック・ワールド』新作はアメリカでは2025年7月25日公開予定。新作映画はクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ジェフ・ゴールドブラムなど、これまでのレギュラー俳優は登場しないリブート版になる見込み。

関連記事

2024年2月21日追記:新たな監督候補と交渉中新監督候補のギャレス・エドワーズと交渉中。[sitecard url=https://stds.jp/gareth-edwards-jurassic-world-univers[…]

「ジュラシック・ワールド」2025年7月2日新作公開!キャストを入れ替えたリブート版映画になる予定
ジュラシック・ワールドおすすめ商品

レゴ(R)LEGO(R) ジュラシック・ワールド ブラキオサウルスの森 76960

最大のレゴ(R)恐竜フィギュア レゴ(R)ショップ公式ストア¥12,480

ミニフィギュア3体分のスペースがあるデッキ付きで、葉っぱを取り外してブラキオサウルスに食べさせる餌付けごっこができます。木の横には注意看板もあります。

 今すぐチェック
MT4-REVEAL-Offers-202404-Display
関連記事

映画やドラマ!エンタメ最新情報をお届け!このページではディズニー、スター・ウォーズ、ディズニープラス配信情報、MCU、ワイルド・スピード、バットマン/DCなど、映画やドラマの最新エンタメ情報を新着順で紹介します。エン[…]

【映画・ドラマ】エンタメ最新情報 | ディズニー、MCU、ワイルド・スピード、バットマンなどまとめてお届け
Hulu | Disney+ セットプラン
スポンサーリンク