75210 レゴ(R) モロックのランドスピーダー(スターウォーズ)

  • 更新日:
  •  

75210 Moloch’s Landspeeder

2018年6月日本公開のハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーからのセット。スターウォーズシリーズは色に関しては地味な機体が多いがこの機体は特に地味に見える。

ミニフィグとアクセサリー

モロック(Moloch)はハンソロ映画の登場キャラクターでコレリアのホワイトワームギャングの幹部。ユニークなマスクの形と印刷が細かい派手なミニフィグである。特に印象的なのはヘルメット後頭部の波打った部分。
75210 レゴ(R) モロックのランドスピーダー

服装はローブ姿で下半身は足ではなくドレスの下半身パーツ。以前のドレスキャラには単純な直線的なスロープパーツが使われていたが、最近はこの曲線の専用パーツが導入されて表現力が上がった。胴体には前後ともに泥がはねた印刷がある。

もう一体のリボルト(Rebolt)もホワイトワームギャングのメンバーで付属の犬型生物コレリアンハウンドの飼い主。ハウンドを操るためにムチを持っている。リボルトも泥だらけの印刷である。

コレリアンハウンドは牙、鼻の穴、オレンジ色の目、背中の質感など非常によく出来たフィグだと思う。

モロックのランドスピーダー

機械がむき出しになったようなシンプルで重厚なデザイン。機体のほとんどはグレーで覆われている。ハンソロのスピーダーと全長はさほど変わらないが厚みがあって強そう。

機体の下にはタイヤがついててスムーズに動かせる。後ろには物を入れるスペースがある。

前には六連スタッドシューターがついているが作中の実機にはここに武器はついていない。しかしレゴ(R)では機体に合っている。
75210 レゴ(R) モロックのランドスピーダー

二匹のコレリアンハウンドが機体内の檻に収まる。これはこれまでのスターウォーズで見たことがないおもしろい仕組みである。収まってるコレリアンハウンドはかわいい。
75210 レゴ(R) モロックのランドスピーダー

モロックミニフィグは座ることができないので運転席には立たせて入れるとちょうど収まる。

大きさは高さ6cm、長さ16cm、幅11cm。

感想まとめ

デザイン的には四角でグレーなので正直言っておもしろみは少ないかも。あとどういうキャラクターなのかよくわからないというのもある。ハン・ソロ映画見てから買うかどうか決めてもいいかも。

モロックという悪役はデザイン的にアメコミのキャラっぽいような気がする。ディズニー傘下なだけあってスターウォーズも今後は善と悪が明確になっていくのかも。悪役はいかにも悪そうなデザインに。