60229 巨大ロケットの組み立て工場(レゴ(R) シティ:宇宙)

  • 更新日:
  • スタッズではアフィリエイト広告を利用しています

60229 巨大ロケットの組み立て工場(レゴ(R) シティ:宇宙)

英語名:

製品番号60229
テーマレゴ(R)シティ
サブテーマ宇宙
発売年2023
発売日
公式発売価格120ユーロ前後
ピース数1055
推奨対象年齢幼児
組立説明書
パーツ一覧 BrickLink

完成イメージ

各ショップでチェック

火星基地とロケット

レゴ(R)セット 60229 製品情報

Rocket Transport

レゴ(R) シティの2019年夏新製品『火星探査・宇宙シリーズ』のひとつ。

レゴ(R)LEGO(R) シティ 巨大ロケットの組み立て工場 60229

レゴ(R) シティ
おすすめ!

7人のLEGO City minifiguresが含まれています:2人の宇宙飛行士、2人の地上乗組員の機器、打ち上げディレクター、科学者および実験室の技術者、ならびにロボットフィギュア。このセットには、キャブの開口部とローバーの積載量のモジュールを備えた大型の多段式ロケット、キャブの開口部を備えた大型のロケットトラックトラクター、関節式アームとプラットフォーム、ならびに格納式レバーとドリルビットを備えたローバーがあります。

今すぐチェック今すぐチェック

火星探査ロケットと運搬車、ローバー整備場が含まれる。可動部が多くて遊べるセット。宇宙シリーズは製品化のたびに複雑になってリアルさが増している印象。

60229 火星探査ロケットと運搬車(レゴ(R) シティ:宇宙)

  • 7人のLEGO City minifiguresが含まれています:2人の宇宙飛行士、2人の地上乗組員の機器、打ち上げディレクター、科学者および実験室の技術者、ならびにロボットフィギュア。
  • このセットには、キャブの開口部とローバーの積載量のモジュールを備えた大型の多段式ロケット、キャブの開口部を備えた大型のロケットトラックトラクター、関節式アームとプラットフォーム、ならびに格納式レバーとドリルビットを備えたローバーがあります。
  • クレーン付きロケット棟、ドア開口部を備えたローバーラボラトリー、プラットフォームリフトツールと回転アーム、回転衛星アンテナ付きの打ち上げ制御室、コンピューターと回転スクリーン、地上構造と街灯柱も含まれています。
  • 付属品:シャベル、実験器具、ラップトップ、トランシーバー、カップ。
  • トラック上の移動式発射台とロケットホルダーはロケットを発射するために希望の位置に押すことができます。
  • ロケットサイズ:8×43×13センチメートル。
  • 追跡輸送機:12×29×15cm。
  • トラック:8×17×6 cm。
  • 火星ローバー:3×5×3センチメートル。
  • ビルディングフレームアセンブリ:21×28×12 cm。
  • ローバーラボ:12×18×19cm。
  • ディスパッチタワー:12×15×6 cm。

各ショップでチェック

スポンサーリンク