21312 レゴ NASAの女性たち(アイデア)

21312 レゴ NASAの女性たち(アイデア)

このセットをみんなで評価!

平均値 0 / 5. 投票数 0

製品番号
分類1
分類2
発売年
発売時価格
発売時価格帯
ピース数
ミニフィグ数
推奨対象年齢
組立説明書(pdf)

完成イメージ

LEGO  製品情報

21312 Women of NASA / $24.99

ファンのデザインを製品化するアイデアシリーズの2017年冬セット。過去にNASAで重要な役割を果たした女性に注目した内容である。

ミニフィグとアクセサリー

NASAに関わった女性四名のミニフィグが付属。顔は四体とも両面印刷。名前は画像左から。

  • ナンシー・グレース・ローマン:ハッブルの母と呼ばれる天文学者
  • マーガレット・ハミルトン:アポロ11ソフトウェアの開発者
  • サリー・ライド:アメリカ人女性初の宇宙飛行(1983年チャレンジャー)
  • メイ・ジェミソン:アフリカ系アメリカ人女性初の宇宙飛行(1992年エンデバー)

21312 レゴ NASAの女性たち
製品化前の応募段階ではキャサリン・ジョンソンという数学者も含まれていたが、権利問題をクリアできなかったため製品版では除外されたとのこと。

各ミニフィグとその舞台

21312 レゴ NASAの女性たち

マーガレット・ハミルトンの舞台

背景にクリップ装着の白い壁と印刷の黒板。舞台上にはコートスタンドと積まれた本。この本は応募段階では明らかに本だったが製品版では箱っぽくなった。三つの舞台の中で最も地味。
21312 レゴ NASAの女性たち

サリー・ライドとメイ・ジェミソンの舞台

スペースシャトルと燃料タンク、ブースターロケットのミニモデルを舞台中央に置く。三つの舞台の中の主役と言えるだろう。スペースシャトルと燃料タンクは分離可能。
21312 レゴ NASAの女性たち

シャトルの両脇にサリーとメイのミニフィグを立てる。アクセサリーはサリーがカメラ、メイがヘルメットを所持。

ナンシー・グレース・ローマンの舞台

この舞台にはハッブル望遠鏡とそれで撮られた写真を模した印刷タイルが取り付けられる。ハッブル望遠鏡は胴体にゴミ箱パーツが使われている。太陽光パネルは印刷タイル。
21312 レゴ NASAの女性たち

感想まとめ

ピース数は少ないが飾った時にとても見栄えするセットである。小さいハッブル望遠鏡やスペースシャトルもよくできている。ステッカーが入っていない点も良い。

女の子が積極的に欲しがるかどうかはわからないが、教育的価値のある素晴らしいセットだと思う。価格が安い点も高評価。

各ショップの価格をチェック